医療安全管理指針(基本理念)

北成病院(以下「当院」という)は、患者様が安心・安全な医療を受けられる
環境を整え、組織一体となり良質な医療の提供を通じ、地域社会に貢献する事
を目的としている。
医療に係る安全管理に関しては、日頃から医療事故はいつでも起こりうる、
という「危機意識」を常に持ち、業務に当たることが必要であり、安全を確保
するための不断の努力が、我々医療従事者には求められている。
本指針では、医療従事者の個人レベルと、組織の両面から事故防止対策を推し
進める事によって、過ちを誘発しない環境や過ちが事故につながらないシステ
ムを組織全体として整備していく事が必要である。
これらを共通認識とし、病院長のリーダーシップのもと、患者の安全を確保し
つつ必要な医療を提供していくものとし全職員にそれぞれの立場からの積極的
な取り組みを要請する。