薬剤部

現在3名の薬剤師が勤務しております。医薬品が患者様にとって安全で有効に使用されるよう、医師や看護師と連携をとり、医療チームの一員として日々努力しております。 また患者様の視点に立ち、患者様が安心して薬を服用していただけるよう努めてまいります。 お薬のことで分からないこと、不安なこと、気になることがありましたらどんなことでもご相談下さい。

調剤業務

薬剤師

入院されている患者様のお薬を、医師が発行した処方箋に基づいて正確に調剤します。その際、飲み合わせ、量、副作用などのチェックを行い、疑問な点は医師に確認します。 当院では入院中の患者様の内服薬は、特別の場合を除いて一包化にて調剤しております。 外来患者様については、院外処方を採用しております。

注射薬調剤

注射薬も内服薬同様、内容をチェックした後、一回分ごとに分けてセットし、患者名、施行日、内容が印字された注射ラベルと共に看護師に渡しています。

医薬品情報提供(DI業務)

有効かつ適正に医薬品を使用するために、情報の収集、整理、保管、および伝達などに関わる仕事をおこなっています。 医師をはじめとした他の医療スタッフからの質問に対する情報の提供、厚生労働省や各製薬会社からの医薬品に関する重要な情報を「DI情報」の発行等により院内に伝達しています。 その他、薬に関するトピック的な内容を盛り込んだ「ほくせい DI NEWS」の発行も行っております。

薬剤管理指導業務(服薬指導業務)

入院患者様のお薬が安全で効果的にかつ適正に使用されているか、観察、チェックする仕事です。薬の効き目はどうか、副作用はないか、患者様一人一人のお薬を薬歴に管理しています。またお薬の内容、飲み方、副作用についての説明を行い、 お薬の説明書をお渡しして理解を深めていただくことで、正しい服薬が行えるよう努めています。