病院敷地内全面禁煙について

当院は、平成15年5月1日から施行された法律「健康増進法」に基づきまして、受動喫煙防止のために、平成16年8月より院内全館禁煙を実施してきました。 しかし、病院正面入口付近での喫煙など受動禁煙を防止する措置としては不完全であり、ここに一歩進んだ措置として平成21年11月より『病院敷地内全面禁煙』を実施させて頂きます。 病院は何よりも健康を考えなければならない社会的施設であり、皆様の健康を守るという社会的使命があります。つきましてはご来院・ご入院される皆さまには、禁煙にご理解とご協力をお願いいたします。
【参考】健康増進法(抜粋)
(受動喫煙の防止)
第25条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。