睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来の設置について

SAS(Sleep Apnea Sydrome)とは睡眠中に断続的に無呼吸を繰り返すことで、日中に眠たくなる等々のいろいろな症状につながる疾患を総称していいます。一晩の睡眠を7時間として、30回以上の無呼吸(~10秒以上の呼吸停止)、または1時間あたり5回以上の無呼吸がある場合に、SASと診断されます。重症になると、車の運転・仕事への影響が出るほか、近年は、SASと種々の疾患(高血圧、狭心症、糖尿病等)との関連が指摘されています。

当院では、SASを疑われる患者様に、まずは自宅等での簡易検査、さらに入院していただいての精密な検査による診断および治療が可能です。
是非ご利用ください。受診希望の方は、事前に電話等でお問い合わせいただき、その後月曜・金曜の午後の外来を受診ください。

藤代 (社会医療法人延山会北成病院事務長・同地域連携室長)