新型コロナウイルス感染症に関するご報告

日頃より当院をご利用いただき誠にありがとうございます。

当院の職員1名が、4月20日に、現在新型コロナウイルス感染症が発生したと報道されている施設を訪問した後、4月30日に受けたPCR検査の結果、「陽性」と判明しました。

これを受け、4月20日以降の当該職員の全行動を確認し、同人と濃厚接触の疑いのあった職員1名、および同人の業務に関連する部門の職員19名全員に対してPCR検査を行った結果、本日時点ですべての職員の「陰性」を確認しました。また、同人の院内行動経路のすべての消毒を実施しました。なお、同人と患者様との濃厚接触はなく、院内感染は発生しておりません。

当該職員と濃厚接触の疑いのあった職員については、体調の経過観察を継続し自宅待機としております。

これに伴い当院としては、札幌市保健所の助言を踏まえて、新規の入退院を5月12日まで休止とし、外来診療については通常どおり継続することといたしました(健診については、関連団体の勧告により5月10日まで休止します)。

このたびの事態により、患者様ならびに健診等のご利用者様、連携医療機関の皆様には、大変ご心配とご不便をおかけします事深くお詫び申しあげます。当院は今後も感染防止に万全を期し、地域の皆様に安心してご利用頂けるよう職員一同精一杯努力して参ります。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

社会医療法人延山会 北成病院 院長 棚澤 哲

*ご不明な点は、下記(事務長)へメールにておたずねください(お電話はつながりにくい場合があります)。k.fujishiro@hokusei-hp.or.jp